グリシンは美肌を作る成分

睡眠に関する効果だけがクローズアップされがちなグリシンですが、
実はお肌に対しても良い影響があります。

なぜ肌に良いのかというと、その理由は3つあります。

スポンサーリンク

1.コラーゲンを構成するから

グリシンはコラーゲンの構成要素です。
皮膚にあるコラーゲンを作っているのはアミノ酸ですが、
なんとそのうちの3分の1がグリシン
なんです。

グリシンを充分に摂ると肌のバリア機能が高まり、
敏感肌などのトラブルが改善されることも明らかになっています。

コラーゲンといえばコラーゲンドリンクを思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、コラーゲンドリンクを飲んでも、
体内で分解されてアミノ酸になってしまうんです。

つまり、口から摂取したコラーゲンは、
そのまま人間の体を構成してくれるわけではありません。

そう考えると、コラーゲンの材料であるグリシンをしっかり摂ることのほうが、
コラーゲン生成のためには大切と言えそうです。

ちなみにサプリメントを使わなくても、
グリシンは日々の食事から補給できます。

>> グリシンが多く含まれる食べ物

睡眠のためにグリシンを役立てるつもりならサプリメントは必須ですが、
お肌のためであれば食事からでもいいので、
グリシンをしっかり摂って美肌に役立てましょう!

2.深い睡眠が増えて、結果的に成長ホルモンの分泌も増えるから

グリシンを飲んで実感した効果はコレ!」で述べているとおり、
グリシンには睡眠を深める働きがあります。

そして睡眠が深くなると、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

成長ホルモンは肌の修復に役立つ大切なホルモンです。
眠っている間に成長ホルモンがたくさん分泌されれば、
それだけ肌質の改善につながります。

詳細 >> グリシンは成長ホルモンを増やす?

3.血流を増やすから

さらに、グリシンは「手足の血管を広げて血流を増やす」という作用を持っています。
手足の血流が増えれば皮膚の水分量が増えるため、肌の潤いにつながります。

ちなみに、手足の血流は寝つきの良し悪しにも関係しています。

夜スムーズに寝るためには、体の奥の熱を外に逃がす必要があるのですが、
手足の血流が悪いと、熱を放出できなくなります。
いつまでも体の奥に熱が溜まったままになるせいで、寝つきが悪くなるんです。
手足の血流を増やすグリシンには、この症状を解消する効果も期待できます。

スポンサーリンク